ホーム > PC > Sony VAIO Type Z (VGN-Z90S)を買ってみた

Sony VAIO Type Z (VGN-Z90S)を買ってみた

2008 年 8 月 30 日 コメントをどうぞ コメント

使ってたノートPCがだいぶへたってきてちょい調子悪いところに、VAIO Type Z とか出てきたので、注文。

で、8/23に届きました(のを今頃書いています(わら)。

スペックは…

  • CPU: Intel Core 2 Duo T9600
  • メモリ: 4GB (DDR3 SO-DIMMの入手性が悪いのとBTOでもメモリ安かったのではじめから載せちまいました)
  • HDD: 7200rpm 200GB (Hitachi HTS722020K9SA00が載ってました)
  • LCD: 1600×900
  • DVD マルチドライブ(BDドライブじゃない)
  • その他: TPMあり、BTあり、指紋センサあり、Felicaなし、FOMAなし

といったあたりで、BTO。

予算の都合で、SSD RAIDとかにはなっておりません、BDもありません
(っていうか、SSD RAIDだと +15万、BD選ぶと +5万、両方同時には選択
できない仕様だけど、どっちにしろコストパフォーマンスがちょっと厳しい…)
SSD も BD も半年もすると劇的に値段下がるんじゃねぇの?と思うし、
せつなくなるのが見えてるので、パスしました。

とりあえず、ざっくり感想としては…

  • 物理的なサイズ/重さ的には、前の VAIO type S と比べると若干小さい/軽いのでいい感じ
  • 全体的に動作は「クイック」だという感じがします。当然Linuxメインなので、Windowsの使いっぷりは深く掘り下げてないですが「Vistaのくせに、なんかふつーについてくるな」って感じ
  • 1600×900の液晶は、このサイズのノートとしてはありえないくらい広くて快適
  • アイソレーションキーボードは、ちょっと慣れが必要な感じ? オレはあんまりキーボード選ばない方(もちろん快適なキーボードとか選り好みはするけど、変に小さいとかよっぽどちゃちぃとかなければしばらくすれば慣れちゃう方)なので、慣れちゃいましたが人によっては全然ダメかも(とくに、キーからあまり手を離さないで舐めるように打つ人はゆびがひっかかっちゃってだいぶ厳しいんじゃなかろうか?)
  • ファンの音は、吹き上がると(回転数があがると)かなりうるさいです。ただし、よっぽど負荷が長時間上がらないと(例えば、Linux kernelのコンパイルでCPUが長時間フル稼働でもしないと)、そういう状況にはならないので通常時は全然気になりません。
  • バッテリの持ちはちゃんと確認してません
  • ACアダプタは、最近のVAIOにずっと共通してると思われる19.5Vのタイプで古いの(VGN-SZ92PSについてきたの)も使いまわせました
  • 総評としては、「かなりいい」です

Linuxで使う話は、次回以降

カテゴリー: PC タグ: , , , ,
Loading Facebook Comments ...
  1. kmuto
    2008 年 8 月 31 日 21:04 | #1

    りぬー状態でのバッテリの持ちがやはり気になるねぇ。LOOX Uはバッテリ公称(Windows向け?)とりぬーでの減りが全然ちがっててしょんぼり。

  2. 2008 年 9 月 1 日 07:55 | #2

    まぁ、それ以前にいろいろ問題があって(わら 細かいことを調べてるヒマなんぞない感じで、パワーマネージメントまわりはまだほとんど調整してないけど、明らかにLinuxだとやっぱり電池持たないす。

  1. トラックバックはまだありません。