アーカイブ

2011 年 4 月 のアーカイブ

ASUS P8B-E/L4 と SandyBridge Xeon E3

2011 年 4 月 12 日 コメントはありません

hanzubon.jp のマシンを ASUS P8B-E/L4 と Xeon E3-1230 にしてみました。

以下、罠的なこととか。

マニュアルには記述がありますが DDR3 unbuffered ECCでしか動作しません。non-ECC のメモリだと POST 中にハングアップしてしまって、BIOSの画面さえ出てきません。というか、beep の類もいっさい鳴らないので 最初は故障かと思いました…(気づかないで 初期不良かと思って、TSUKUMOのサポートに持ち込んでしまって数日無駄に…(わら マニュアルはちゃんと読みましょう)

Linux的には特にハマるようなデバイスは特に載ってません(オンボードのグラフィックチップがASPEEDなので、X動かすのはあれかも? まぁ、このマザボでXなんか動かさないよね)。

ファームがまだ若干バギーなのかドライバのバグなのか以下のような現象がおきています(kernel のバージョンは 2.6.38.2)

on boardのSATAをAHCIモードで使っていて、6Gbps出る 2つのport(port-1/port2)にそれぞれ、Intel X25-M G2 よく確認したら G1 でした… と crucial RealSSD C300がつながっています。この状態だと X25-M の方の probe に失敗して 1.5Gpbs でリンクしてしまいます。こんな感じ。

追記(2011/4/16) C300 をとっぱらってみたが、状況はかわらず。


[ 4.819416] ata2: SATA link up 6.0 Gbps (SStatus 133 SControl 300)
[ 4.819969] ata2.00: ATA-9: C300-CTFDDAC128MAG, 0006, max UDMA/100
[ 4.820218] ata2.00: 250069680 sectors, multi 16: LBA48 NCQ (depth 31/32), AA
[ 4.820722] ata2.00: configured for UDMA/100
[ 9.867447] ata1: link is slow to respond, please be patient (ready=0)
[ 14.559486] ata1: COMRESET failed (errno=-16)
[ 19.943519] ata1: link is slow to respond, please be patient (ready=0)
[ 24.584554] ata1: COMRESET failed (errno=-16)
[ 29.968591] ata1: link is slow to respond, please be patient (ready=0)
[ 59.599795] ata1: COMRESET failed (errno=-16)
[ 59.600038] ata1: limiting SATA link speed to 1.5 Gbps
[ 59.904800] ata1: SATA link up 1.5 Gbps (SStatus 113 SControl 310)
[ 59.905330] ata1.00: ATA-7: INTEL SSDSA2MH080G1GC, 045C8820, max UDMA/133
[ 59.905581] ata1.00: 156301488 sectors, multi 16: LBA48 NCQ (depth 31)
[ 59.906051] ata1.00: configured for UDMA/133
[ 59.906455] scsi 0:0:0:0: Direct-Access ATA INTEL SSDSA2MH08 045C PQ: 0 ANSI: 5

4つのetherをbondingしていますが(モードは802.3ad)、なぜかNICの一つだけがResetしまくります(数秒おきとかいう感じで)。ちょっと思いつきで irqbalance 入れてつついたら、おさまったので なにか irq まわりがおかしい?思い過ごしだったっぽい。なにかをトリガにおさまることはあるようだけど、irqbalance ではなかったようだ…

[ 337.166262] e1000e 0000:07:00.0: eth3: Reset adapter
[ 337.259625] bonding: bond0: link status down for interface eth3, disabling it in 200 ms.
[ 337.459610] bonding: bond0: link status definitely down for interface eth3, disabling it
[ 339.997657] e1000e: eth3 NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: None
[ 340.059614] bonding: bond0: link status up for interface eth3, enabling it in 200 ms.
[ 340.259616] bonding: bond0: link status definitely up for interface eth3, 1000 Mbps full duplex.
[ 346.166012] e1000e 0000:07:00.0: eth3: Reset adapter
[ 346.260572] bonding: bond0: link status down for interface eth3, disabling it in 200 ms.
[ 346.460579] bonding: bond0: link status definitely down for interface eth3, disabling it
[ 348.976582] e1000e: eth3 NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: None
[ 349.060557] bonding: bond0: link status up for interface eth3, enabling it in 200 ms.
[ 349.260555] bonding: bond0: link status definitely up for interface eth3, 1000 Mbps full duplex.
[ 355.166157] e1000e 0000:07:00.0: eth3: Reset adapter
[ 355.260477] bonding: bond0: link status down for interface eth3, disabling it in 200 ms.
[ 355.460479] bonding: bond0: link status definitely down for interface eth3, disabling it
[ 358.360549] e1000e: eth3 NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: None
[ 358.460517] bonding: bond0: link status up for interface eth3, enabling it in 200 ms.
[ 358.660502] bonding: bond0: link status definitely up for interface eth3, 1000 Mbps full duplex.

(2011/5/12 追記1) kernel 2.6.39-rc7 ではこのGbEの問題は現状発生していません。

(2011/5/12 追記2) この問題以外に、ごくまれにNICの初期化自体に失敗する(? エラーは特に出ないのだけど、通信自体がいっさいできない)場合があるようです(電源投入直後かつ運が悪いと という感じ? ともかく発生したのは確かなんだけど、一度だけで再現もできないので ちょっと細かい状況まではわからないんだけども…)

カテゴリー: Linux, PC タグ: , , ,