アーカイブ

‘Debian’ タグのついている投稿

続tiarra

2008 年 5 月 11 日 コメントはありません

一応、さいとうさんにメールしといてみたら、upstreamにも連絡してくれたらしくsnapshotが更新された。

ということで、debも更新しといた。

カテゴリー: Debian, opensource タグ: , ,

tiarra

2008 年 5 月 9 日 コメントはありません

sidのperlが5.10になったわけだが…

tiarradebが動かなくなった(perlがsegvするようなので、本体かライブラリのバグなんだけどね 深追いしてません)ので、困ったのでsubversionの最新のtrunk持ってきてdeb更新。

apt line は以下な感じで

deb http://hanzubon.jp/Linux/Debian/sid/tiarra ./
deb-src http://hanzubon.jp/Linux/Debian/sid/tiarra ./

http://hanzubon.jp/Linux/Debian/sid/tiarra

カテゴリー: Debian, opensource タグ: , ,

Debian CDNで使ってるDNS-Balanceを他のDNSサーバが動いちゃってるホストで共存させようという努力

2008 年 2 月 16 日 コメントはありません

ほとんどAr-,kmutoへの業務連絡的(わら

Debian CDNで使ってるDNS-Balance(改)ですが、以下2点が以前から気になっちゃってたのでどうにかならんのほんとに?と思って確認しました。

  1. 他のDNSサーバ既に動いてるホスト(要するにbind9とか動かしちゃってて53/udp,53/tcpが使われているようなホスト)で動作させることができない
  2. root権限で動かさないといかん

特に1の方が致命的というか、既にDNSうごいちゃってるとどうにも動かせないので困ったチャンな感じ。

で、結論からいうと両方ともほとんど設定のみで回避できました。

まず、DNSが動いちゃってるホスト上でどうにか動かせないか?の方ですが…

  • DNS-Balanceは-pオプション指定して起動することで起動するときにbindingするportが指定できるので、これを使って53以外で起動(例えば5553とか)
  • 既存のDNSサーバの設定を修正して、DNS-Balanceが管理しているドメインに関してはDNS-Balanceが動作しているportにforwardするようにする

という感じでいけます(追記: いま聞いたけども -pオプションによるポート指定は、この前Ar-が追加したところだったとさ(わら)

ちなみに53/tcp以外へのforwardですが、powerdns-recursorではできませんでした(wish listには乗ってて実装予定はあるが、まだ実装されてない)ということでHANZUBON.jpのネームサーバはbind9に戻しました。

bind9だと、named.conf的なところにこんな感じに書いとけばいけます。

    // for debian cdn
    zone "jp.cdn.araki.net" {
            type forward;
            forwarders {
                 127.0.0.1 port 5553;
            };
    };

    zone "deb.cdn.araki.net" {
             type forward;
             forwarders {
                 127.0.0.1 port 5553;
             };
     };

言うまでもなく、forwardersのport指定がキモです。

もう一つのroot権限で動かさないといけない問題の方ですが、これは

  • 53/tcpという特権ポートにbindingするから
  • ログとpidファイルの書き出し先のパーミッションの問題

の2点によるもののようです。前者に関しては、そもそも前述のようにportをずらしたことによって解決しちゃってるのでとりあえずヨシとして(単体で動かすときには回避できてねぇだろというのはひとまずおいといて(わら)、後者に関しては書き出し先を/var/log,/var/run直下じゃなくてもう一つディレクトリをはさむようにして、そこにDNS-Balanceを動かすユーザが書き込めるようにしておく(owner/groupをそのユーザにしちゃっとく)というありがちな回避策をとりました。

具体的には…

  1. sudo mkdir /var/run/debian-cdn /var/log/debian-cdn
  2. sudo adduser cdnadmin
  3. sudo chown cdnadmin:cdnadmin /var/{run,log}/debian-cdn
  4. で、 dns_balance.rbの$process_fileと$logfileを前述のディレクトリ以下の指定に書き換えて
  5. cdnadmin権限でdns_balance.rbを実行

という感じになります。

ということで、どうでっしゃろか?

カテゴリー: Debian, Linux, opensource タグ: , ,

今年のしめ その2 〜 たんきよ

2007 年 12 月 29 日 コメント 2 件

「今年のしめ その2」ということで、毎年恒例のたんきよ忘年会。

気がつけば、20代一人もいねぇじゃんということで、としくったね…(わら
いやぁ〜、しかし楽しかった…

2007/12/28 たんきよ忘年会

bind9からpowerdnsへ移行

2007 年 12 月 26 日 コメント 1 件

なんとなく、bind9を捨ててpowerdnsへ移行してみました。

設定自体は、マニュアル眺めればそんなに大変じゃないっす。

Authoritative Serverと Recursorを同じアドレスで動かすのどうすんだ?ってのに一瞬迷ったけども、通常のServerからRecursorサーバを呼び出す(例えば別portにRecursor立てといて、通常サーバからそこをrecursorとして指定とか)するのが理解できれば、はまるようなところはナシじゃないっすかね。

ただ んー、悪くないんだけどやっぱりまだ慣れないのと、微妙に細かい機能が足りない感じ?

bind9でviewとmatch-clientで内部(private)と外部のquery見分けて、内側のアドレスからのqueryにはインターナルなアドレス返すような2枚舌設定してたけど、どうにもそれ相等の機能がみつけられなくて(というか、どう考えても構造上なさそう)、結局bindingするアドレスを別々に設定した2インスタンスを起動してごまかしましたとさ。

カテゴリー: Debian, Linux, opensource タグ: , ,

Debian push mirrors in Japan hierarchy migration

2007 年 10 月 11 日 コメント 2 件

Debianの国内push mirrorの構成を若干変更中なので、ちょっと明日のpush テストのためいろいろ確認するので国内に行き渡るのが遅くなる気がします。

(追記: 2007/10/11)
とりあえず、正常を確認。これで次回から国内pushミラー全体で数十分から数時間程度行き渡るのがはやくなるはず。

カテゴリー: Debian タグ:

国内のdebian ftp mirroちょっと(?)変

2007 年 7 月 16 日 コメント 1 件

なかのさんにも連絡もらったが、どうもいろいろ家のなかをいじったせいでdebian mirrorの一部のファイルがなにやらおかしい模様。

昨日、気がついていくつかなおしたのだが どうやらけっこうな数のファイルがこわれている様子。

んー、よわったな…

カテゴリー: Debian, Linux タグ: ,

Debian GNU/Linux 4.0 released

2007 年 4 月 9 日 コメント 1 件

なんか、いきなり出たようだ。

カテゴリー: Debian, Linux タグ: , ,

せつない忘年会2006

2006 年 12 月 28 日 コメントはありません

毎年恒例ほぼいつものメンツでのたん清焼肉忘年会。
例年のごとく腹いっぱい。
みんな年くって食べる量減ったんだけど、飲みすぎです…9900円/人って(わら

今年もか〜なり楽しかったす。

こういうときくらいしか会わないことも多いメンツともいろいろ話できたし、生じゃないとできない(ircではしがたい)やばめトークもできたし(わら
やばめトークなので、当然ここにも書けませんが(わら

今年も一年みなさんおつかれさまでした。

これが終わるといよいよ年の瀬なんだよなぁ…

SONY VAIO Type S (VGN-SZ92PS)にDebian GNU/Linuxを入れる

2006 年 10 月 1 日 コメント 7 件

いや、届いた直後にインストールしたんですけどね。

とりあえず、ふつーにインストールできます。以上(わら

HDDは最初から3パーティションにわけられている(最初の8Gくらいのパーティションがリカバリ、40Gくらいがc:ドライブでWindowsやらアプリやら、残りがd:ドライブでデータ用にあいてる)ので、d: ドライブ相当になってるところをつぶして入れるのが楽です(Windows使うつもりがないなら全部つぶしてもいいけど)。実際にはテストもかねて、リカバリユーティリティ使ってパーティションサイズを小さくしてみました。

  1. とりあえず、Windows起動してふつーにセットアップして、念のためリカバリDVD(DVD-Rが2枚必要、CD-Rだとかなりエライ数になるのでお薦めしないです)作成。他のこともしてたので、正確にはわからないですが小一時間くらいやってた気がする。
  2. リカバリプログラムを起動(マニュアルに書いてあります、Windowsから もしくは 起動時に F10だっけな)して、パーティションのサイズを変更して(c: を小さくしました)リカバリ。Windows自体のリカバリは10分ほどでおわったので、さっくりおわるのかと思ったらアプリケーションまわりのリカバリが異常に時間がかかる….
  3. で、インストーラを起動

インストーラは、etchのbeta3インストーラを使いました。グラフィカルな奴を試せという指令があったのでグラフィカルな奴。

USB HDDからのbootに対応してるので、USB flashメモリからもいけるか?と思っていろいろ試してみたが、玉砕。

mbrいじったりいろいろしてみたがだめ、まったく同じ条件で USB HDDからはbootするので、どうもUSB flashメモリからのbootはできないっぽい?

ってことで、まぁそこはとりあえず置いといて、CD焼いちゃってインストール。特に問題なく終了。
若干フォントが読みづらい(むとうさんの話によると、漢字部分にどうやら中国語フォントが使われちゃってるらしい)lけど、sargeのインストーラよりいい感じ。

インストールするだけなら、大きな問題はないっす。

コメントに dmesg, lspci, lsusbあたりの出力つっこんどこう。

カテゴリー: Debian, Linux, PC タグ: , ,