海外旅行に行く際、現地での買い物や決済にはクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済が多く活用されています。

現金で支払うケースは機会は減っていますが、地方のお店に行ったり、現地の屋台やお祭りなどに行ったりする際には、現地通貨が必要になる場合もあります。

旅行先で現金を手に入れる方法には「渡航先で両替する方法」と「クレジットカードでキャッシングする方法」の2種類が検討されます。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介して、どちらがお得なのかを検証しましたので参考にしてください。

クレジットカードキャッシングのメリット

海外旅行でのキャッシングには多くのメリットがあります。
特に為替レートや手数料、利便性の面で優れています。

それぞれの観点からキャッシングの利点について詳しく解説します。

キャッシングは為替レートが有利

キャッシングの最大の魅力の一つは、為替レートが有利であることです。

銀行や両替所で外貨に換える場合と比較して、キャッシングでは通常、より良いレートが適用されます。

キャッシングの場合、クレジットカード会社が提供するレートは市場レートに近いものが適用されます。

カード会社は大量の通貨取引を行っているため、個人で両替するよりも有利なレートを提供できるのです。

また、カード会社はリアルタイムの市場レートを使用するため、為替の変動にも柔軟に対応できます。

これにより、キャッシングは通常、外貨両替よりも有利なレートで現地通貨を手に入れることができます。

クレジットカード会社のレートは、銀行や両替所よりも市場レートに近いことが多く、結果として旅行者にとって有利な交換が可能です。

キャッシングの手数料の低さ

キャッシングを利用するもう一つの大きなメリットは、手数料が比較的安いことです。

キャッシングでの手数料としては、借り入れに対する利息、ATMの引出手数料、返済時の振込手数料などが発生します

外貨両替の際に発生する高額な手数料と比べて、キャッシングの手数料は非常に低く抑えられています。

キャッシングの手数料は、クレジットカード会社によって異なりますが、ATMの利用料や振込手数料は、低く設定されています。

多くのカード会社は、キャッシング利用時の手数料を数百円程度に抑えています。
さらに、特定のカードでは、手数料が無料となるキャンペーンや特典も提供されています。

低コストで現地通貨を引き出すことができる点は、旅行者にとって大きな利点です。
また、ATM手数料も低額で、現地の銀行ATMを利用する場合でも、手数料は抑えられています。

結果として、キャッシングを利用することで、余計なコストを削減しながら、必要な現金を手軽に入手できます。

キャッシングは利便性が高い

キャッシングのもう一つの大きな利点は、その利便性の高さです。

両替所を探し回る手間を省き、いつでもどこでも現地通貨を手に入れることができます。

海外旅行中、両替所を探して訪問するには時間と労力がかかります。

特に観光地から離れた場所や営業時間外では、適切な両替所を見つけるのは難しいでしょう。

キャッシングを利用する場合、クレジットカードを利用して現地のATMから直接現金を引き出すことができます。

コンビニなどのATMは24時間利用可能であり、主要都市だけでなく、地方都市や観光地の周辺にも多く設置されています。

旅行の際はいつでも必要な時に現金を引き出すことができ、旅行のスケジュールを無駄にすることなく、効率的に行動できます。

キャッシングは簡単に利用ができる

クレジットカードでのキャッシングは、非常に簡単で素早く現金を手に入れられます。

まず、コンビニや銀行のATMに行き、クレジットカードをATMに挿入し、暗証番号を入力して引き出したい金額を選択するだけで、現地通貨を手に入れることができます。

キャッシングは世界中のATMで利用できるため、旅行先に関係なく、常に現金を確保することが可能です。

キャッシングは利便性の面でも優れており、旅行者にとって非常に有用なサービスと言えます。

外貨両替とキャッシングの比較

海外旅行の際、現地通貨の準備方法は大切なポイントです。

外貨両替とキャッシングは、それぞれ異なる特徴を持ち、利用者にとってさまざまなメリットとデメリットがあります。

為替レート、手数料、利便性の3つの観点から、外貨両替とキャッシングを比較して詳しく解説します。

キャッシングと外貨両替の為替レートの違い

外貨両替とキャッシングの為替レートには大きな違いがあり、その違いを理解することで、より有利な方法を選択することができます。

外貨両替の場合、銀行や両替所は自社の利益を確保するために、市場レートに手数料(マージン)を加えたレートを提供します。

なので、旅行者が得られるレートは市場レートよりも悪くなってしまいます。

例えば、1ドル150円の市場レートがあった場合、銀行では163円、両替所では165円といった具合に、余分な手数料が加算されることがあります。

一方、キャッシングを利用する場合、クレジットカード会社が提供するレートは市場レートに近いものが適用されるため、両替所と比べて有利です。

特に、海外旅行先では現地通貨が急に必要になることが多いため、このレート差は無視できません。

クレジットカード会社のレートの優位性

クレジットカード会社のレートが優れている理由は、彼らが大規模な取引を行っているため、より良いレートを交渉できる点にあります。

これにより、個人が直接銀行や両替所で取引するよりも有利なレートが適用されます。

さらに、カード会社のレートは常に最新の市場動向を反映しているため、変動する為替相場に対しても柔軟に対応できます。

例えば、市場レートが急激に変動した場合でも、カード会社のレートはその変動を迅速に反映し、利用者にとって有利な条件を提供します。

このようなメリットを活用することで、旅行者は余計なコストを抑え、安心して現地通貨を利用することができます。

実際、両替所でのレートが市場レートよりも数パーセント高いことは珍しくなく、その差は旅行全体の費用に大きな影響を及ぼします。

外貨両替とキャッシングの手数料比較

手数料は、外貨両替とキャッシングのコストに大きな影響を与える要素です。
違いを理解することで、総費用を抑える方法を選ぶことができます。

外貨両替では、両替所や銀行が設定する手数料がかかります。

この手数料は、固定額であったり、取引金額の一定割合であったりします。

例えば、銀行での両替手数料は、取引金額の3%から5%程度が一般的です。
これにより、両替のたびに余分なコストが発生し、旅行者の予算に影響を与えることがあります。

キャッシングの場合、手数料はクレジットカード会社によって設定されます。

多くのカード会社は、ATMや振込の手数料を低く設定しており、さらに一部のカードでは手数料が無料となる特典も提供されています。

また、ATM手数料も発生する場合がありますが、これも比較的低額です。

キャッシングは外貨両替よりも総費用を抑えやすい方法と言えます。

外貨両替とキャッシングの利便性比較

外貨両替とキャッシングの利便性にも大きな違いがあります。
旅行中の手間や時間を考慮すると、どちらが便利かを判断することが重要です。

外貨両替は、旅行前に国内で行うことが一般的です。事前に現地通貨を準備しておくことで、旅行先での支払いに困ることがありません。

しかし、旅行中に追加の現地通貨が必要になった場合、再度両替所を探す手間が発生します。

特に観光地から離れた場所や、営業時間外では両替所を見つけるのが難しいことがあります。

キャッシングの利便性は、24時間いつでも現地のATMから現金を引き出せる点にあります。

主要な都市や観光地だけでなく、地方のATMでも利用できるため、急な出費や現金の不足に対応しやすいです。

さらに、ATMは空港やホテル、ショッピングモールなど、アクセスしやすい場所に多く設置されており、現地通貨を手に入れるのが非常に簡単です。

また、クレジットカードを利用するため、盗難や紛失時にもカード会社がサポートを提供してくれるため、安心して利用できます。

海外で利用する場合のクレジットカードの選び方

キャッシングを利用する際には、適切なクレジットカードを選ぶことが非常に重要です。カードによって手数料や利息が異なるため、慎重に選ぶ必要があります。

海外キャッシングに適したカードの選び方

海外でキャッシングを利用する場合、まず考慮すべきは手数料と為替レートです。一般的に、海外キャッシングに適したクレジットカードは、手数料が低く、為替レートが有利なものです。

具体的には、VisaやMastercardなどの国際ブランドのカードは、世界中で利用できるため便利です。

また、カード発行会社によっては、海外キャッシングの際に特別なキャンペーンや特典を提供している場合があります。

例えば、年会費無料で海外キャッシングの手数料が低いカードや、海外旅行時の保険が付与される、特定の国での利用に特化した特典があるカードなど、選択肢は多岐にわたります。

クレジットカードのキャッシング枠の確認と管理

キャッシングを利用する前に、クレジットカードのキャッシング枠を確認しておきましょう。

キャッシング枠とは、カード利用者が現金を引き出す際に利用できる限度額のことを指します。

この枠は、クレジットカード契約時にユーザー側で設定するケースが多く、利用金額は利用者の信用情報や利用状況によって異なります。

旅行前には、キャッシング枠が十分であるかを確認し、不足しそうな場合は増枠の申請を検討しましょう。

また、キャッシング枠を過度に利用しないよう管理することも重要です。

枠を超える利用は、追加の手数料や利息が発生するだけでなく、信用情報に悪影響を及ぼす可能性があります。

適切な利用枠の設定と管理を行うことで、安心してキャッシングを利用することができます。

キャッシング利用後の返済計画

キャッシングを利用する際には、返済計画をしっかりと立てることが重要です。
無計画な利用は、利息負担が増大し、最終的には大きな負担となる可能性があります。

キャッシングを利用した後は、速やかに返済計画を立てることが必要です。
まず、利用した金額と利息の合計額を把握し、返済期間を決定します。

返済計画は、月々の返済額が無理のない範囲で設定されていることが重要です。返済期間が長すぎると利息負担が増えるため、可能であれば早めに返済を完了させることが望ましいです。

例えば、ボーナスや臨時収入がある場合には、一括返済や繰り上げ返済を検討することで、利息を軽減することができます。

また、返済計画を立てる際には、他の支出とのバランスを考慮し、無理のない範囲で計画を立てることが重要です。

利息を抑える返済方法

利息を抑えるためには、いくつかの方法があります。

まず、キャッシング利用後はできるだけ早く返済を開始することが重要です。
利息は日数に応じて増加するため、返済を遅らせるとその分だけ負担が増します。
可能であれば、一括返済を選択することで、利息の負担を最小限に抑えることができます。

また、利用金額が大きい場合は繰り上げ返済を利用することも有効です。

定期的に繰り上げ返済を行うことで、元本を早期に減少させ、利息の総額を減らすことができます。

返済方法の選択肢として、リボ払いを利用することも検討できますが、この場合は利息負担が増える可能性があるため、利用は控えたほうがよいでしょう。

返済方法をしっかりと理解し、最適な方法を選択することで、キャッシングの利便性を最大限に活用しながら、利息負担を最小限に抑えることができます。

クレジットカーでのキャッシングの利用方法

海外旅行中のお金の管理は、旅行を安全かつ快適に楽しむために非常に重要です。
キャッシングの利用方法や安全なお金の持ち運びについて詳しく説明します。

キャッシングを上手に利用することで、現地通貨を手軽に入手し、旅行をより快適に過ごせます。以下では、具体的なキャッシングの方法について解説します。

ATMでのキャッシング方法

海外のATMでキャッシングを利用する際の手順は非常にシンプルです。まず、対応するクレジットカードをATMに挿入し、言語選択画面で日本語を選びます。次に、キャッシングを選択し、希望する金額を入力します。この際、現地通貨での表示となるため、事前に必要な金額を計算しておくと便利です。次に、暗証番号を入力し、取引を確認します。取引が完了すると、ATMから現金が出てきます。このプロセスは数分で完了し、現地のどこにいても現金を手に入れることができます。なお、ATMの場所は空港、ホテル、ショッピングモール、コンビニエンスストアなどに多く設置されているため、アクセスは非常に簡単です。

安全なお金の持ち運び

海外旅行中は、現金や貴重品の管理に特に注意が必要です。
盗難や紛失のリスクを避けるための方法を紹介します。

盗難や紛失のリスクを避ける方法

盗難や紛失からお金を守るためには、いくつかの対策が効果的です。

まず、必要以上の現金を持ち歩かないことが基本です。

大金を一度に持ち歩くと、万一の時の被害が大きくなります。

次に、現金やカードを複数の場所に分散して保管することが有効です。
例えば、一部はホテルのセーフティボックスに預け、持ち歩くのは最低限の金額にするなどの工夫をすると良いでしょう。

また、スリや強盗に遭わないために、観光地では周囲に注意を払い、不審な人物に近づかないようにします。

さらに、カードの紛失や盗難に備えて、カード会社の緊急連絡先を手元に控えておくことも忘れずに行いましょう。

キャッシングと現金のバランスの取り方

キャッシングと現金のバランスをうまく取ることも重要です。

現金は小額の支払いに便利ですが、大金を持ち歩くのはリスクが高いため、必要最低限の現金を持ち、足りなくなったらキャッシングを利用するのが賢明です。

キャッシングは、24時間いつでもATMで利用できるため、現地で急にお金が必要になった場合にも対応可能です。

キャッシングを使うことで、必要な時にだけ現金を引き出し、盗難や紛失のリスクを最小限に抑えることができます。

また、クレジットカードでの支払いが可能な場所では、カードを積極的に利用することで、現金の使用を減らし、管理が容易になります。

クレジットカードのキャッシング枠で借りるなら選びたいおすすめのクレジットカード

クレジットカードには買い物代金の立て替えに利用できるショッピング枠のほかに、カードローンのように現金を借り入れできる「キャッシング枠」もあります。

ここでは、キャッシング枠を設定することを前提で選びたいおすすめのクレジットカードを紹介します。

三井住友カード(NL)は最短5分でカード番号発行

  • 最短5分でカード番号を発行可能
  • 大手コンビニやマクドナルドでの支払いで最大5.0%還元

三井住友カード(NL)は、最短5分でカード番号が発行されるクレジットカードです。

審査に通れば申し込んですぐにネットショップや身近なお店で支払いに利用できるので、急ぎでクレジットカードを作りたい方におすすめです。

セブン-イレブンなどの大手コンビニやマクドナルドでの支払いでポイントが最大5.0%還元されるサービスもあり、若者にピッタリでしょう。

キャッシング枠の金利最大18.0%
キャッシング枠の融資限度額最大50万円
カード発行までの最短スピード最短1週間(デジタルカードの場合は即日)
年会費永年無料

JCB CARD LOAN FAITHは5万円までは低金利で借り入れ可能

  • 上限金利が12.50%と消費者金融よりも割安
  • 5万円以内のキャッシングなら年利5.00%も可能

JCB CARD LOAN FAITHは、WEBで申し込みが完結するカードローンです。最短即日で審査が完了するので、急ぎで借り入れたい方にも向いています。

低金利も魅力で、金利は最高でも12.50%と消費者金融よりも割安です。さらに5万円以内であれば、キャッシング1回払いを年利5.00%で利用できます。

「スピーディに借り入れしたい」「少額だけ借り入れたい」と、両方のニーズを満たしたクレジットカードといえます。

キャッシング枠の金利4.40~12.50%
キャッシング枠の融資限度額最大500万円
カード発行までの最短スピード最短3営業日
年会費永年無料

dカードはいつでも振込キャッシングが使える

  • 24時間いつでも振込キャッシング依頼が可能
  • ショッピング利用では1.0%のポイント還元率

dカードは、キャッシングの振込融資に対応したクレジットカードです。公式サイトの会員ページで、24時間いつでもキャッシングの依頼ができます。

最短3営業日の時間がかかるのがネックですが、自宅にいながらいつでも申し込めるというのはメリットでしょう。

dカード自体のスペックも魅力的で、永年無料でありながら1.0%のポイント還元率を誇ります。便利にポイ活したい人にもdカードはおすすめできます。

キャッシング枠の金利最大18.0%
キャッシング枠の融資限度額最大90万円
カード発行までの最短スピード最短即日〜1週間
年会費永年無料