去年

2016 年 12 月 2 日 コメントはありません

去年更新してないんだな ここ(わら と 2016 ももはや12月になってから思う。

カテゴリー: misc タグ:

IIJmio の みおふぉんに(ドコモから) MNP してみる話(実手続き編)

2014 年 5 月 10 日 コメントはありません

みおふぉんへの実際のMNP手続きに関して。

みおふぉんのMNP転入に関しては 2014/04/17 からの受付となりました (転出はサービス開始当初からできるようにはなっていた)。

で、いつものオレのパターンだとこういうのは申し込み開始日に突撃してみることが 多いんですが(わら タイミング的にちょっとその次の週に通信回線がないとまずそうな日が あったりとか(4/17から手続き開始しちゃうと場合によってはその日あたりに通信できなくなってそげ)、 受付開始当初に申し込みが集中したせいで 手続きに遅れが出てるなんていう アナウンスもあったりしたので 実際に申し込みの手続きを始めたのは 2014/04/28 です。

実際の手続き自体は 以下な感じで遷移しました 時系列で見てみましょう。

なお 各種確認事項等は 2014/4末申込時のときの話なので 状況が変わってる可能性はありますから より正確な情報は IIJmio のサイトで確認してください。

大前提

  • みおふぉん の利用開始手続きは現状「店頭ではできない」です。電器量販店とかの店頭で販売しているとこもありますが実際には買ってもすぐには使えません(SIMも入ってないし)。契約に本人確認書類が必要ですが、その受付をWeb経由(or 郵送もあったかな)でしかしてないので、利用開始までに必ず何日か(公式にはSIM最大1週間から10日程度と言っている)時間がかかります
  • 手続き始めちゃうと途中で後戻りできないので よく考えてから申し込みを始めましょう(わら

2014/04/28(月) 昼ころ ドコモからのMNP転出の予約

  • Web (マイドコモ)から手続きできます(電話でもできるはずだけど 今回はもちろんWebから)
  • その際に 実際に転出すると違約金とかいくらかかるのか表示されるので確認しとくといいいじゃないでしょうか
  • MNPの転出予約は2週間の期限があります(すぎるとその予約番号は利用不能)。みおふぉんの場合、手続き開始からSIM到着までに最大1週間から10日程度の時間がかかることが公式に表明されていて、実際に手続き開始時 MNP予約番号を登録する際に、有効期限が確認されます(有効期限が7日以上残ってないと手続きできません)

2014/4/28(月) 昼ころ IIJmioへの申し込み手続き

  • IIJmioのサービスで利用される mioID アカウントを要求されます(ので、アカウントがない場合はまずアカウントを作成しないといけません)。オレの場合は他にIIJmioのサービスを使っているのでそのアカウントを利用しました(料金請求をまとめてくれるので、すでにアカウントがある場合はそれ利用したほうが楽です)
  • 特にハマるようなポイントはなかったと思います。
  • 一点だけ、住所に関してですが手続き完了後 SIM は必ずこの登録した住所に届けられるので(クロネコヤマトが持ってきますが、転送とかクロネコ店頭での受け取りができないように指示されています おそらく不正防止目的)、受け取れる住所を記入しておかないと、ハマるんじゃないかと思います。

2014/4/28(月) 13:03 本人確認書類の提出(に失敗(わら)

  • しばらくすると(数分程度後)「申し込み確認のメール」と「本人確認書類画像の提出についてのメール」の2通が送り返されてきます。
  • 前者はざっと目を通して、契約内容とかミスってないか確認するだけでok
  • 後者に関してですがそのメールに書かれたURLにアクセスして運転免許証などの画像をアップロードしてやる必要があります。
    • 有効な書類とかはここ https://www.iijmio.jp/hdd/service/verify.jspを見てください
    • 画像に表示されている住所は申込時に登録した住所と一致してる必要があります。なので、例えば免許証とか住所変更あってウラ面に変更記載があるような場合は裏表両方の画像をアップロードする必要があります
  • 一度アップロード処理を完了してしまうと そのURLは利用できない(再アップロードとか修正はできない)仕様になってます(のでミスには気をつけましょう)
  • アップロードが完了すると完了したよっていうメールが来ます
  • で、オレの場合 この免許証の住所変更があったパターンで2つの画像をアップロードしてやる必要があったのですが、このアップロードフォームの仕様が若干微妙だったせいで(詳細は後述) 実はアップロードに失敗しました(1つしかアップロードできなかった)(わら
  • こうなるとお手上げって感じだったので サポートに電話してどーすればいいの? (あと ついでなのでいったい正しいオペレーションはどーすりゃよかったんだ??? ってのも聞きましたが)と言ったら、「現時点ではどうにもできないので提出された書類に問題があれば再提出しろという連絡(メール)が来るので それを待て」「書類の確認は人力でやってて、いま申し込みが殺到した結果若干滞ってりもしちゃってるので、連絡が来るのは すごく早ければ 夕方、場合によっては2日くらいかかっちゃうかも」だそうで しょうがないので待ち…

2014/4/28(月) 18:45 本人確認書類の再提出しろというメール

  • 「本人確認書類に問題があったので再提出しろ」というメールは思ったより全然早く。その日の夕方には来ました
  • 最初のメールと同様にアップロードフォームのURLが書かれているので、そこから同様に(ミスらないように)手続きするだけです

2014/04/28(月) 19:00 本人確認書類再提出完了

  • アップロードしたあとにアップロード完了確認のメールが来ます
  • この後は特にこちらでできることはないので基本待つしかありません

2014/04/29(祝) 11:45 本人確認完了

  • 本人確認ができましたので手続きをすすめますというメールが来たのが上記時刻
  • 1週間程度で申し込みの住所にSIMが届きますよという文面

2014/04/30(水) 13:41 MNP 転入による電話番号停止予定のお知らせ

  • MNP転入手続きを開始するので 数時間〜1日以内にいったん申し込みのあった電話番号は使えなくなるよという連絡のメールが到着
  • この手続きに突入すると旧契約(オレの場合は ドコモ契約だった)のSIMは利用できなくなります。通話はもちろんですが通信もできなくなります
  • 通信ができなくなった時点で旧契約側は契約が解除されているはずです(今回の場合ドコモ側の契約はちょうどよく4月末日に解約されたことになります)
  • つまり みおふぉん への MNP手続きでは必ず該当の回線が事実上利用できなくなる期間が発生するので注意しましょう(このあたりも後述)
  • このメールを受け取ったあと 実際に何時ころに旧回線が無効になったのかは正確には不明です。このメールを受け取った前後 14:30くらいまでは昼食にでかけていたので外にいて通信はできていたけど 19時すぎに会社を出たらすでに通信できなくなっていた(この間の時間は会社の wifi がある環境にいたので不明)という感じです

2014/05/02(金) 06:10 サービス開始の連絡

  • 手続きが済んで利用開始になりましたという連絡
  • ただし、この時点ではまだSIM届いてないので届くまで利用できません
  • SIMを発送した時点では発送したよというメールは来ません
  • このサービス開始連絡のメールに SIM の配送伝票番号が記載されているのでクロネコの荷物トラッキングページから、その時点の配送状況を確認することができます
  • この時 実際にSIMが発送された(クロネコヤマトのWebから配送状況を確認した際に荷受の時刻として記載があった)のは 2014/05/01(木) の夕方 17時すぎころでした。発送は都内(23区内)からです。

2014/05/02(金) 09:30ころ SIM到着

  • 着住所も都内(23区内)です
  • SIM 到着後 端末にSIMの入れ替えをして SIM のパッケージに入っているカードに記述されている APN を設定して利用開始

申し込みからSIM到着まで(ミスしてロスった時間も含めて)5日、回線が使えなくなってた時間は36時間くらいって感じです。発送から受け取りまでがかなりスムーズにいったケースなはずなので まる2日+地方だとさらに配送にかかる時間回線が使えないとみといが方が良さそうです。

さて、本人確認書類のアップロードに失敗した件に関してです。 複数枚の画像のアップロードが必要な人は無造作に捜査してると1枚しか アップロードできないまま手続きが終了しちゃってハマるかもって感じでした。

  • 免許証をの画像を使おうと思ったんだけど住所変更がウラ面に書かれているので裏表2枚の画像のアップロードが必要な状況
  • 写真はスマホで撮ったので そのままスマホでアクセスできるWebからアップロードを試みましたがスマホ向けのWeb UIでは画像の最大サイズが1MBまでに制限されててなにも考えずに撮った写真はもう少し大きいサイズになってしまっていたためアプロードできず…
  • PCではなぜか制限がもう少しゆるい(5MB/枚まで)のと画像のサイズを落とす処理をするのもめんどくさいのでPCでアップロードすることにしました(なんでスマホだと 1MB/枚で PC だと 5MB/枚なのかという制限が違ってるのかも理解に苦しむ所ではあるのだけど…)
  • PC の方のWebをひらくと アップロード用の input[type=file] が 1 つしかない multiple 属性もないみたいだし 特に説明もないし 複数画像アップロードするのはどーするんだろう?
  • とりあえず、画像を一つ選んでみたが input[type=file] が追加されるわけでもない… どーすんのこれ???
  • とりあえず手続きを進めてみたら そのまま完了してしまった(わら
  • 結局 どうやるのが正解だったのかというと input[type=file] をクリックして画像を選択して閉じたら 再度 input[type=file]をクリックすると次の画像を選べる つまり複数画像を選択する場合は クリック → ファイル選択 を繰り返せということらしい(今となってはそのフォームにすでにアクセスできないので確認しようがないのだけど じゃぁ 間違った画像を選択しちゃった場合はどうやって選択を解除できる仕組みになってたのだろうという疑問も若干あったりするのだけど….)

このあたりのオペレーションに関して特に説明も書かれてないので複数画像をアップロードする人は気をつけましょう

もう一点、MNP手続きにともなって回線が使えなくなる期間が発生することに関して。

例えばイーモバイルだとMNPの切り替え手続きをSIMを受け取った後に電話受付でできるようになってます (電話での処理をしないでいてもSIM発送後3日経つと処理が行われるようになってる模様)。 こうなってることによって、MNPに伴う回線切り替えによる回線が使えなくなる期間を極力なくしているわけです。

で IIJmio でなんでこうなってないのか? という話ですがぶっちゃけコスト的な問題のようです。

MNPに伴う回線切り替えの処理に関しては機械的になにかできるような(よーするにWeb API的なものは)用意 されてなくて、(キャリア側で)人間によるオペレーションが必要になる仕組み に現状なっているようです。 イーモバイルのMNP切り替え手続きに関してWebからの受付をやってなくて電話だけになってるのも おそらくこのためで、結局人が受けて操作を行わなければならないためWeb受付しても意味がないためだと 思われます。

要するに MNPに伴う回線切り替え処理は人間が行わないといけない = 電話での受付とかやるとそこに 人を貼り付けて処理を処理しないといけなくなるので人件費で大幅コストアップ ということになるため、 現状の提供料金の中ではそのコストをまかないきれない(そういった人員を確保するとなると 提供料金 あげないといけなくなってしまう)ということのようです。

MNP時に回線が使えなくなる時間が複数日にわたって発生するので 場合によってはかなりきついといえば きついんですが ぶっちゃけ一度だけといえば一度だけではあるので そのあたりは割りきりましょうという ことにするしかないかなぁ という感じでしょうか。

ぶっちゃけ、公式には1週間から10日くらいかかるとアナウンスされている上に オレが手続きした時には MNP受付直後で申し込みが多いために手続きに遅れが出ているというアナウンスがまだされていた(2014/5/10 現在ではすでに解消されているとアナウンスされてます)ので、実際の到着までもっと時間がかかるかと 思っていたんですが、想像以上に早く到着っしてびっくりしました。

カテゴリー: misc タグ: , , , , , ,

IIJmio の みおふぉん にMNPしてみる話(検討編)

2014 年 5 月 8 日 コメントはありません

なんかよく見ると一年以上更新してなかったのね…(わら

携帯電話の契約、いままでドコモのXi契約で使っていたわけだけど IIJmioの みおふぉん に MNP してみましたというお話。

そもそもなんで MNP したかという話ですが まぁ いくつか理由はありますが 「通信費用を下げたかったから」ってのがメインの理由でしょうか。

まず、自分の使用傾向とかもろもろを整理すると以下な感じなわけです。

  • 通話はほぼしない

    • かなり通話したなという月でも ドコモの Xi の通話従量課金で 1000円程度しかいかない
    • 通話料 0円の月もわりとある
    • ただし固定電話も廃止しちゃってて プライマリの「電話番号」としても必要なので 通話を廃止するわけにもいかない(可能であれば MNP 等の方法で電話番号自体変わらないで済むなら その方がいい)
    • 頻繁に通話があるわけじゃないし、頻繁に連絡くれるような人はオレがオンタイムではめったに電話に出ないことはわかっているから別の手段で連絡してくるので(わら 着信があったことさえわかれば、留守電やら電話転送やらの機能は特に要らない
    • 通話自体が少ないので 通話料自体は若干高めでも問題ない。それより固定費(いわゆる基本料金的な部分)が安い方がうれしい。
    • めったにしない音声通話なので 音声通話用端末(回線契約)とデータ通信用端末(回線契約)を別けるとかいう運用はかえってめんどくさい(いわゆる2台持ちにして ブツがかさばる/忘れる/電源とか両方ケアしないといけないとかいう手間をかけたくない/そこに気を回すコストをかけるのはバカバカしい)
    • 同様に VoIP 系サービスだけの運用も明らかに余計な手間がかかるので現状だとありえない
  • データ通信も意外とヘビーな使い方はしてない

    • ヘビーなコンテンツの利用もない上に自宅と会社には wifi があるので大半の時間は wifi 上で通信してるせいだと思われる
    • 1GB強/月程度なことが多い 2GB/月に達したことはない(はず 少なくともここ一年くらいの間は一度もない)
  • だいぶ前からいわゆるキャリアメアドは使ってない(持ってない)し 他のキャリア(MVNO含む)に移ることに大きな問題はない

    • といっても 現状端末変更するつもりはないし 今後も Nexus 端末の利用を前提としたい
    • au は CDMA2000がネックになって端末の選択がかなり限られるので ちょっと現状の移行先としては検討対象外
    • ソフトバンクモバイルは契約がやたら複雑な上に謎の制約がやまほどあるし 考慮しないといかんことが出すぎてめんどうな上に 過去に使った印象が非常に悪いので対象外
    • イーモバイルも同様
    • MVNOは数がありすぎて個々書いてると長くなりすぎるので省略
      • b-mobileは過去に使って「とっても品質が低かった」のでもう使う気はない
      • 使うなら IIJmio かなー ただ その場合通話どうするかなぁ… 通話サービスやらないのかなぁ…
    • ちなみにドコモにとどまる場合、新料金プラン(通話はほぼしない単身者にはものすごい値上げになるプラン)の発表で既存の契約の受付が8月で停止になる予定なこと現状契約がその後どういう扱いになっていくのか不透明なことを考えると、(新料金プランへの移行を促されて)基本的にはどこかのタイミングで大幅値上げに遭遇する可能性が否定できそうにないんだよなぁ…ということを考えるといますぐにではなくていいからドコモ以外に移るプランBを持っていたい

うんで MNP 前の契約ですが 以下のようになってました(税抜き 以下全部そう)

  • タイプXi にねん
    • 基本料金 743円/月
    • 通話料 20円/30秒
    • (パケット通信料 0.6/KB なんだけど結局下に挙げた Xiパケ・ホーダイ ライトの加入で事実上この数字は無視できる)
    • 2年しばり
  • Xiパケ・ホーダイ ライト
    • 4700円/月
    • 3GB/月 制限
  • Mopera U
    • 使用端末がドコモ端末ではないので(現在 Nexus5なので) spモードは使えず
    • 500円/月
  • その他諸経費とか消費税とか少々

通話料を別にすれば ざっくり 6000円/月 というあたりになるわけです。 (ちなみに 2013/11 まで 月々サポートが1600円/月くらいだっけな? 残っていたので 毎月の請求額がもう少し小さくなっていたんですが、 それもなくなったので 毎月がっつり請求されてる感がアップしたのは 否定できません(わら)

上記を踏まえると IIJmio が 通話付きのサービスやってくれればなぁ という感じで 年末辺りから ぼーっとどうしようかと思ってたわけですが、ちょうどよく(本当はもう少し早いとなおよかった んだけど(わら) 2014/03 後半から通話サービス付きのサービスを開始 4月後半から MNP の受付 予定 ってことで これに切り替えることにしました。

通信量が2GB/月にはおさまること、他にSIMがほしい端末もいまのところないことから とりあえずライトスタートプランを選択して通話サービスをつけると 以下のような感じに なります。

  • 月額料金 1520円/月
  • 音声通話機能付帯 1000円/月
  • 通話料 21.6円/30秒
  • その他諸経費とか消費税とか少々
  • 通信制限 2GB/月
  • SIMカード1枚

通話料を除くと 2520円/月 通話料がちょびっと高くなってるけど、そもそも通話自体をほとんど利用しないのでじぇんじぇん影響のない程度。 ざっくり 3000円強/月程度は通信料金が下げられる計算になります。

MNP時にドコモの2年しばりの違約金だとかもろもろ諸経費がかかるけど、それらはランニングコストを 下げられる分で半年もせずに(4or5ヶ月くらいで)ペイできるので IIJmio に MNP作戦決行ということに してみました。

実際の移行作業の経緯は つぎの記事へ。

カテゴリー: misc タグ: , , , , , ,

ドコモのメールアドレス

2013 年 3 月 1 日 コメントはありません

全然久しく書いてないのに 業務連絡的な内容ですが(わら

ドコモのメールアドレスを捨てました、これでいわゆるケータイメアドはオレは一つも持っていない状態になっています。

アドレス帳等にオレのケータイのメアド(含む i.softbank.jp)が登録されている方は、それはすでに無効なやつなので届きません(消しましょう)

ケータイのメアドしか知らないんだけど… っていうオレの知り合いの方は google+/facebook/twitter/ここのページ等でお問合せください(わら

なお、Google+上で(こちらから連絡先を公開している人には)見えるプロフィールの連絡先を常に最新にするようにしてますので、電話だったり住所だったり正確に知りたいなにかが発生したときは、そこを見てくださいな。

Debianなマシンで IPv6 bridge

2012 年 7 月 19 日 コメントはありません

すでにだいぶ経ってますが、ここにメモってなかったので駄文。

引っ越してフレッツ光ネクストに切り替えたんでフレッツ光ネクスト上で提供されているIPv6接続サービスが利用できるようになりました。接続形態にはIPv4 と同じような PPPoE を使った接続と IPoE 接続 (とか書くとなんのこっちゃだけどネイティブ方式と呼ばれてた要は Etherでそのままつながってます方式)があるわけですが、余計なもの(PPPoEのトンネル)がはさまらない分 IPoE の方がレイテンシなどで有利なわけで、当然こっちを選択して接続しました。ISPにはIIJmioのFiberAccess/NFを選択。

なお、IPoEでの接続に関しては「ひかり電話を契約しているかどうか」によってネットワーク側の挙動が少し変わってきます。ここの説明が非常に詳しくてわかりやすいので興味がある方は見てみましょう。

さて、hanzubon.jp NOCにはひかり電話は導入されていません。ということで、ここの説明にあるように RAで取得した64bit長のprefixを使ってネットワークを構成することになります、RAを受け取ってごにょごにょして再広告するようなことをしてもいいんですが面倒だし特にメリットもないように思うのでRAをそのまま中でも受け取って動くようにIPv6ブリッジを作ってみることにしました(ひかり電話契約がある場合は、上記の記事で説明があるようにIPv6ルータを用意した方が楽しいように思います)。

仙石さんの昔の記事が大変参考になります。というか、ここに解説されてる通りに設定すれば(おおむね) OK です(わら ただし、ここの記事の最後に記述がありますが、現在ではすでにip6tablesにもphysdevモジュールが実装されてますので、ここでやっているようなebtablesでマークしてもげもげするような方法ではなくphysdevモジュールを使う方法をとってみることにします。

以下、ONU側につながっているインタフェースを eth0、内側のその他のサーバ類等々ぶら下がっているセグメント側のインタフェースをeth1とします。

まずは単純にbridgeを作成します。bridgeの操作にはbridge-utilsが必要なのでインストールしといてください。あとは、ebtablesとip6tables(はiptablesパッケージに入ってます)も使いますので入ってなければ入れておきましょう。

apt-get install bridge-utils ebtables iptables

/etc/network/interfaces には以下のように記述して br0 という名前で bridge インタフェースを作成します。

auto br0
iface br0 inet manual
      bridge_ports eth0 eth1

これだけです。さて、上記で bridge はできますが このままだとあらゆるパケットが通ってしまう状態になってしまうんでIPv6なパケットのみが通過するようにebtablesでフィルタしておきます。コマンドとしてはこう(注: bridgeインタフェースがひとつしかない前提でインタフェースの指定してないので 複数あるような場合は適宜 -i br0 とか指定してくださいな)

ebtables -t broute -P BROUTING DROP
ebtables -t broute -I BROUTING -p IPv6 -j ACCEPT

以下雑ですがこんな感じのスクリプトにして /etc/if-up.d/ipv6bridge とかいう名前にでもして放り込んでおくと、br0インタフェースがupした時に上記のフィルタが実行されると思います。

#!/bin/sh

[ "$IFACE" != "br0" ] && exit 0

ebtables -t broute -P BROUTING DROP
ebtables -t broute -I BROUTING -p IPv6 -j ACCEPT

exit 0

これで、IPv6 bridge の作成はおしまいです。ifup br0 とでもすれば br0 が有効になって内側のセグメントにもRAが流れ始めて(各マシンで RA を受け取って autoconfig するようにしてあれば) IPv6 で通信できるようになるはずです。

ただ、この状況だと各マシンにはIPv6のグローバルアドレスがそのままふられますしなんのフィルタもないので、うちから外へのパケットが通るのと同じく外から内へのパケットも自由自在に通りますので(わら 内側のセグメントのマシンにもアクセスし放題になります。

ということで、ふつーなんらかのフィルタをしたくなるだろうと思います。例えばこんな感じにします。

ip6tables -N v6-in
ip6tables -N v6-out

ip6tables -A FORWARD -i br0 -m physdev --physdev-in eth0 -j v6-in
ip6tables -A FORWARD -i br0 -m physdev --physdev-in eth1 -j v6-out

ip6tables -A v6-in -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
ip6tables -A v6-in -j DROP

ip6tables -A v6-out -j ACCEPT

最初の2行で v6-in と v6-out というchainを新たに作成しています(あとで、フィルタを消すようなときに楽だからなだけ)。

キモはその次の2行です。bridge に対して physdev モジュールを使って実際にパケットが入ってくるインタフェースを識別した上でそれぞれのルールセットのchainにjumpさせます(仙石さんの記事ではこの部分の処理を ebtables でつけた mark で行なっています)。

あとは、v6-inとv6-outに適宜必要なルールをてきとーに追加してやれば動作します(上記の例だと外向きのパケットは全部素通し、内向きは特定のstateのパケット以外は全部DROPします)。

ip6tables-save なりで save しておいて読み込ませるなり、スクリプトにするなり 適当に準備してどこかで設定するようにしましょう(オレはipv6filterとかいう名前のスクリプトにして/etc/network/if-up.dに放り込んであります)

というあたりで、特になにか目新しいことがあるわけじゃないですがこんな感じでIPv6 bridgeが作れます。

市販のいわゆるブロードバンドルータにもIPv6ブリッジ機能があるものがありますが安いもの(家電量販店とかで売っているようなもの)だと、IPv6パケットのフィルタリングができるようなものは現状皆無のようなので、ちょっと遊ぶだけならいいんですが実用的にはちょっと厳しいんじゃないかと思われます(というあたりも、IPv6 の一般家庭への普及の阻害要因の一つなんじゃないかなぁと思ったりします)。

カテゴリー: Debian, IPv6, Linux タグ: , , , , , ,

tiarra を IPv6 で動かした時に IPv4 なクライアントがつながらない問題

2012 年 6 月 4 日 コメントはありません

んー どこかで IO::Socket::IPv6 の挙動がかわったのかもしんないんだけど、少なくともDebian squeeze環境で確認した限り、tiarra を IPv6 enable な状態(IPv6動作に必要な perl モジュールを入れた上で tiarra-ip-version: v6 にした状態)で動かしていると IPv4 なクライアントは接続できない(connection established な状態のまま accept されずに timeout する)。

これは IrcIO::Client オブジェクトのコンストラクタ内で使用されてる $addr (= $socket->peerhost)に格納されるアドレスが いわゆる IPv4 mapped address になってて、そこで実行される Tiarra::Resolver->paranoid_check() 内で行われている IPアドレス → ホスト名 → IPアドレス というチェックにおいて 最初のIPアドレス(IPv4 mapped address な IPv6 アドレス)と最後のIPアドレス(純粋にIPv4なアドレス)が一致しないとみなされているため。

ちょっとどこで処置しておくのがいいのか困る感じではあるけど とりあえず paranoid_check() で IPv4 mapped address がきた時には prefix をとっぱらって IPv4 なアドレスとして処理するように以下のパッチでもすればいけるはず。

Index: main/Tiarra/Resolver.pm
===================================================================
--- main/Tiarra/Resolver.pm	(リビジョン 39140)
+++ main/Tiarra/Resolver.pm	(作業コピー)
@@ -230,6 +230,10 @@
     my ($class_or_this, $data, $closure, $my_use_threads) = @_;
     my $this = $class_or_this->_this;
 
+    if ($use_ipv6 && $data =~ /^::ffff:(.*)$/i) {
+	    ::printmsg("Pranoid check address is IPv4 mapped address, strip prefix ". $data);
+	    $data = $1;
+    }
     # stage 1
     $this->resolve(
 	'host', $data, sub {

で、えーと これは 誰に連絡しておくといいのだろう? ^^;;;

カテゴリー: opensource タグ:

World IPv6 Launch

2012 年 5 月 31 日 コメントはありません

そーいえばと思ってWorld IPv6 LaunchにWebsite Operatorとしてhanzubon.jpを登録してみた(が、リアルタイムに反映されないみたいなのでリストにはまだない)。

ということで、ロゴもはりつけてみた。

(追記)
あぁ そうかしまった 登録 5/30までだったか間に合ってないな(わら
(追記 2012/6/5)
と思ったら、ちゃんと登録されていた。

カテゴリー: misc タグ: ,

引っ越した

2012 年 4 月 2 日 コメントはありません

そういえば 引っ越したことをここに書いていなかった。

もう、すでにだいぶ前なのだけど(わら

2012/3/15に引っ越しました。場所はまたも大田区、東急多摩川線鵜の木駅のすぐ近くです。

引っ越したいなー という漠然とした思いだけで、特にまだ物件探しとかしてなかったんですが 知り合いの方のところに遊びに行ったら「物件あいちゃったのが一つあるんだけど どう?」と言われて。

で、近くなのでそのままフラッと内覧いって 物件も条件も良かったので(あとはまぁ 大家さんをよく知ってるのも非常に安心) サクッと決めてしまいました。

カテゴリー: misc タグ:

hanzubon.jp というか JP Debian mirror 停止予告

2012 年 2 月 9 日 コメントはありません

日本時間の2012/2/15(水) 8:00〜の予定で hanzubon.jp 大森NOCの移転が行われます。

これに伴い以下の時間帯ネットワークが止まる/サーバ類の移設が発生するので、各種サービスが止まります。

もちろん JP debian mirror も止まっちゃうのでよろしく(わら

停止予定: 2012/2/14(火) 20:00〜2012/2/15(水)20:00 (いずれも日本標準時)

JP Debian push mirror primary server on hanzubon.jp will be stopped at 2012/2/14 20:00 JST to 2012/2/15 20:00 JST because HANZUBON.JP network and servers will be moved to another place.

カテゴリー: Debian, Linux, misc タグ: , , ,

横店 中店 前店

2012 年 2 月 8 日 コメントはありません

と、タイトルを見てピンとくるのは おそらく清水東高校出身者だけだろうけども…(というか、以下説明なく書いてるので東高生以外さっぱりわからないだろうけども(わら)

なんとも衝撃的なお知らせをさきほど聞きました「横店はもう閉店しちゃった」「中店もまもなく3月で閉店」うそーーーっ!!

さらにこんなページも教えていただく…

なんだか ものすごく寂しいねぇ…

しかし、中店 オレが行ってたころのまま 高校生にやさしい値段設定でずっと据え置きなのね すげぇな(わら

カテゴリー: misc タグ: , , ,